avatar image

パン作り ~お店の味を目指して!コーンパン~

IMG_3640.jpg



おやつや朝食用にコーンパンを作りました!


自宅近くのパン屋さんに売っている美味しいコーンパンを再現したかったので、試行錯誤しながらの作業です。



目指すスタイルは以下の通り。


  • ふわふわすぎず、噛み応えのある食感

  • コーンの旨味やバターの風味をしっかり感じられる






コーンパンができるまで


使用するコーンはコチラ。


IMG_3612.jpg


よくあるコーン缶です。


とうもろこしだけでなく、とうもろこしの旨味が移った汁も一滴残らず使用します。

使用する材料は下の写真の通りです。
ふわふわな食感だけでなく、ハードパンのような弾力(硬さ)も出したかったため、強力粉だけでなく全粒粉を混ぜてみました。


IMG_3621.jpg



一次発酵まではホームベーカリーにお任せします。


かなり水分が多い生地なので扱いにくいですが、打ち粉をたくさん使ってなんとか丸めたらベンチタイム。


IMG_3622.jpg IMG_3623.jpg
IMG_3625.jpg IMG_3627.jpg



私が目指しているパン屋さんのコーンパンは、パンの底がカリカリ食感でバターの風味がたっぷり。それを再現するために、二次発酵前にバターを敷いてみました(下の写真・左上)。


二次発酵終了後、パン生地に切れ目を入れたら、そこにも少量のバターを乗せてオーブンで焼きます。


さすがにカロリーが気になったので、乗せるバターは本当に少量(下の写真・左下)。


IMG_3628.jpg IMG_3629.jpg
IMG_3635.jpg IMG_3637.jpg



こんがりといい感じに焼けましたー!


バターの風味豊かな香りとコーンの甘い香りが部屋中に広がります。


IMG_3640.jpg




反省点など


焼きたては、パンの底と切れ目部分がカリカリでお店の味に近づけていました!
ただ、時間が経つと少ししっとり食感に・・・。


どうしたら時間が経ってもカリカリ香ばしい食感を保てるのか、まだまだ研究が必要です。



ちなみに、こちらのパン1個でコンビニのおにぎり1個分のカロリーがあるので、朝食に食べるにしてもおやつに食べるにしても、1個までにするのが良さそう。


朝食に食べるなら、『コーンパン1個、目玉焼き、プレーンヨーグルト』のような組み合わせがいいですね。


タンパク質は10g以上摂れるはずです。



それでは^^



スポンサーサイト